テレワークだと業務効率が下がってしまう要因は何ですか?

村上

2021-07-01T09:04:30.959Z

テレワークによって業務効率が上がるケースと下がるケースがあると考えられます。出勤などの移動がなくなることによる時間の有効化は業務効率があがる要因の代表例です。業務効率が下がる主な代表例は"子供やペットなどがいる家庭環境で落ち着いて仕事ができない""ネットワーク環境が不安定"”組織とコミュニケーションが上手くいかない”"「出社しないとできない業務待ちの発生”です。これは環境整備すること、ITツール活用や運用面の見直しなどの対策を打つことで改善できると考えられます。
そのため、業務効率を最大限まで上げるためには、全従業員がどこにいても業務を執り行える環境の構築と業務のオンライン化に合わせたオペレーションの見直しが一番の近道です。

ツールで解決できる部分もありますので、参考になさって下さい。

テレワークサポーター
テレワークの場合は一人で仕事をすることが多く、また自宅では周囲に趣味に関連するものがあるなど、業務に集中することを阻害する要素が多くあります。「テレワークサポーター」では顔認証機能を使い、同じ部門やチーム内の他のメンバーの在席状況を共有でき、会社内と同じように仕事をする意識を作ることができます。また、顔認証機能を利用して本人の状況も発信するため、適度な緊張感が生まれ自宅でも集中して仕事に取り組めます。
この回答についてもっと知りたい方は以下までご連絡下さい。

キヤノンITソリューションズ株式会社 ITサービス営業部
telework-sol@canon-its.co.jp
03-6701-3560
https://www.canon-its.co.jp/products/telework/

RPAツール「RoboTANGO」
テレワークを行うと業務効率が下がってしまう要因はいくつかありますが、その中の一つに「業務のやり方を変えないから」というのが挙げられます。
例えば、社内にいる時は注文データを見ながら社内システムに転記したり、処理にかかる時間を使って他の業務に手を付けたりできますが、テレワークでは使うパソコンのサイズが小さく、注文データを見ながら社内システムへの転記という同じ作業でも見やすさが異なっていたり、処理にかかる時間で他の業務ができずにただ待機している、など気づかない間にストレスになっていることがあります。
RPAツール「RoboTANGO」を利用すれば、決められたフォーマットの注文データから必要な箇所を抜き取り、社内システムへ転記する作業を自動的に行ってくれます。また、ロボットが動く時間は人が手を動かすよりも半分以下に削減することもできるので、1つの作業にかかっていた時間も合わせて削減できます。
この回答についてもっと知りたい方は以下までご連絡下さい。

スターティアレイズ株式会社
info@reiworq.com
03-6316-1488
https://reiworq.com/

リモシア
業務効率が下がる要因としては、
執務環境の問題や、仕事内容が曖昧でアウトプットが明確になっていない、社員の自律性の維持の問題などさまざまです。
テレワーク実施者が共通で感じている問題の多くは、「仕事量そのものが多すぎる」、「返信を要するメールやメッセージが多すぎる」、
「承認や報告・連絡・相談などのプロセスが複雑」等が挙がります。
このような「仕事をするための仕事」を減らすためには、リモシアサービスが有効です。リモシアでは、社員自らの業務管理・状況発信と共有を支援するための機能が搭載されており、ミクロ管理をしなくても社員の業務状況を確認することなく把握でき、業務効率向上につながります。
この回答についてもっと知りたい方は以下までご連絡下さい。

株式会社リモシア
kikyoh.choh@remosia.co.jp
070−8384−0219
https://remosia.biz
※日本テレワーク協会からのご紹介の場合、継続条件なしで6カ月の無償利用が可能。

JC360
業務効率が下がる理由は様々ありますが、マネジメントをする上長が部下の仕事ぶりを把握出来ていないことで、業務に関する適切な指導やアドバイスが出来ない、という要因があります。
JC360では各業務単位での所要時間の分析が出来る為、各業務に必要とした時間や業務効率の把握が出来ます。
この回答について 詳しくお知りになりたい方は下記にご連絡下さい。

株式会社クロスポイントソリューション
jc360@cp-sol.co.jp
03-6280-3163
https://cp-sol.co.jp/products_JC360.html

お問い合わせ