出勤者の残業など、負担が増えています。どうすれば解決できますか?

村上

2021-04-26T10:58:50.791Z

感染症対策のための在宅勤務を行う場合、在宅勤務可能な多くの社員を在宅勤務にしてしまい、オフィスでしかできない仕事が出勤者の負担となるケースがあります。
オフィスでしかできない仕事について棚卸を行い、在宅でも出来る仕事を、在宅勤務者に振り分けることが必要となります。
また、その仕事が本当に必要なのかどうか、ゼロベースで見極めることも大事です。
在宅勤務者宛てにオフィスに掛かってきた電話は、転送するシステムを導入することによって在宅勤務者に直接繋がるようにできますので、お勧めです。

お問い合わせ