テレワーク勤務者について、なるべく勤務者の自由にさせながら仕事させる方法を知りたい

村上

2021-04-26T11:02:38.229Z

テレワークを行うのに、社員に自由に活動してもらう制度は以下の制度があります。(以下の制度を使わなければならないのではありません。)
①フレックスタイム制度(始業・終業時刻を従業員の自由にする制度)
②裁量労働制度および高度プロフェッショナル制度(従業員に働く時間についての裁量をゆだねる制度)
③事業外みなし労働時間制度(従業員に対して会社の具体的な指揮監督が及ばず、労働時間を算定することが困難な時、労働時間をみなして適用する制度)
それぞれの制度を採用するには、決められ要件、手続きおよび運用が必要です。

今回のコロナ禍を経て、スーパーフレックスタイム制というコアタイムを設けず、好きな時間帯に仕事ができる制度を導入した例が多くみられました。
スーパーフレックスタイム制であっても、労働時間の管理は必要ですので、しっかり労働時間や中抜け時間、休憩時間を把握しつつ柔軟に運用することで業務効率もあがると思われます。

お問い合わせ