ワーケーションの制度をどう構築、整備していくべきでしょうか?

村上

2021-04-28T11:39:37.359Z

ワーケーション制度の構築はテレワーク制度の構築ステップと非常に似ています。
テレワーク同様、制度を全社員に適応する前にトライアルを行い、問題点や課題の洗い出しを行うことも重要です。

<制度の項目>
・導入目的の設定
・対象者
・対象業務
・頻度や回数
・申請方法
・費用負担
・情報の取り扱い
・服務規程
・就業環境
・就業場所
・トラブル発生時の連絡手段など

ワーケーション特有の制度として、下記に注意するとより利用しやすい制度となります。
・会議の出席だけなど短時間勤務ができるように制度を構築する
・会社指定の施設を利用する際の補助制度

またワーケーション誘致を行っている自治体では、導入企業に対して交通費や宿泊費の補助を行っていたり、企業単位での施設利用契約で格安で使えるプランなどもありますので、調べてみると良いでしょう。

お問い合わせ