テレワークになったら、情報共有がしづらくなりました。理由は何ですか?どのような解決方法がありますか?

村上

2021-07-07T07:13:54.368Z

オフィスに全員出社して仕事をしていた時と異なり、テレワークでは各々が自宅など離れた場所で仕事を行うため、コミュニケーション不足が生じたことが原因にあります。
このコミュニケーション不足は、様々な調査で「テレワークの課題」としてあがっており、多くの企業が悩む部分です。そこで活用したいのが「コミュニケーションツール」。
例えば、
「チャットツール」に雑談の部屋を作り、チーム内の雑談の場とする。
マネジャーが率先して利用することで、雑談部屋を盛り上げていくことも大切です。
「Web会議システム」で週1回、週2回など定期的にチームミーティングを開催する。
カメラはオフにせず、顔を見ながら話すとリアルに近い会話ができるためお勧めします。
「ファイル共有システム」を電話やWeb会議システムと併用すると、会話をしながらメンバーと資料を同時に更新することができ、リアルタイムの情報共有が可能です。

このようにコミュニケーションツールを活用することで、リアルに近いコミュニケーションが可能です。
テレワーク協会ではテレワーク用のツールを一覧にした冊子を作成しています。
是非ご活用ください。
https://japan-telework.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2021/05/Tools-V6.0s-20210531.pdf

そのほか、下記のようなツールがあります。

■Web会議システム Zoom
NEC得選街
exp_store@tokusen.jp.nec.com
0120-273-122(内線2番)
https://club.express.nec.co.jp/store/server/zoom.html

■クラウド型ファイル共有サービス セキュアSAMBA
スターティアレイズ株式会社
contact@startiaraise.co.jp
0120-796-004
https://securesamba.com/

■リモシア
株式会社リモシア
kikyoh.choh@remosia.co.jp
070−8384−0219
https://remosia.biz

■情報共有ツール
(株)エヌ・アイ・エル・テレコム
info-nilthoujin@n-interlife.co.jp
03-5905-5900
https://www.nil-telecom.co.jp/

お問い合わせ